Q,  参拝したときにゆで卵をいただいたのですが、どういういわれがあるのでしょうか?
 

A, 覚澄大僧正が脳天大神様を感得された経緯において、最初の姿が蛇であったことにちなんで、信者さんがその好物の卵をお供えされます。また、そのおさがりをゆで卵にして参拝者の皆様にいただいてもらっています。当院では巳さんと称して蛇を大切にしております。蛇は脳天大神様の眷属(けんぞく)であり、お使いであります。

Q,  蔵王堂とはどんな関係なのですか?
 

A, 蔵王堂は金峯山寺修験本宗 総本山金峯山寺の本堂であり、脳天さんはその金峯山寺の塔頭(たっちゅう)になります。蔵王堂にお祀りされている蔵王大権現様の変化身が脳天大神様でありますので、まさに親子の関係に似たものと言えば解りやすいでしょう。

Q,  「縁切り地蔵さん」と「縁結び地蔵さん」のことをよく聞くのですが
   何処にお祀りされているのでしょう。
 

A, 「縁切り地蔵さん」は蔵王堂から脳天さんに下りる石段の途中右側にあります。縁切りに付きましては悪い縁を切っていただけるということです。
「縁結び地蔵さん」は本殿に向かって右、お百度石の脇にあります。縁結びに付きましては男女の良縁は元より、人間関係全般の良縁も意味されます。

Q,  「護摩祈祷」とはどういうことですか?
 

A, 護摩は梵語でホーマと云い、古代インドのバラモンの祭火のなごりの要素があります。修験道では採燈護摩(さいとうごま)と云い、本来は屋外の清浄な土の上に大きな壇を築き修法するものですが、普段の御祈祷は堂内の御本尊宝前で修法しております。
 脳天さんでは日曜日・祝日・1日・19日の月例祭・入試特別祈祷期間として1月15日から2月末日まで毎日修法しております。また、1月・5月。10月の各19日には大祭が行われ、午後1時より屋外の大護摩道場に於いて採灯大護摩供が修法されます。

Q,  水子供養をしたいのですが
 

A, 境内に宝泉坊水子地蔵堂があります。当山僧侶が毎日ご供養しています。脳天大神受付にて、お申込みできます。